麺類を食べる時の4つのポイント!

ダイエット・痩身 健康と美容とダイエットに大切なこと

こんにちはheart04ウノジェンネ代表 山崎玲子ですvirgo

毎日暑いですよね~☀️

こんな時に食べたくなるのが、
「そうめん」「冷やし中華」「ざるそば」などの冷たい麺面🥢

さっぱりしていて、ヘルシーイメージがありますが要注意⚠️


まずはカロリー💡
ごはん1膳のエネルギーが200kcal程度に対し、そうめんは1食(乾麺100g )あたり約300 kcalあります💦


そうめんや冷やし中華などに代表される冷たい麺は、小麦粉が原料であることがほとんど…

更にサッパリイメージのそうめんは、油で練っています😆


小麦粉を使った麺は血糖値の上昇スピードが速く、太りやすいのが気になるところ😅

よって肥満を防ぐためには、
血糖値を急に上げないことが大きなポイントになります🍀


「夏バテ気味であまり食べていないのに太る」

という人に多いパターンかもしれませんね!!


さらに麺は、ご飯の時のように副菜(おかず)を組み合わせることが少ないので、たんぱく質やビタミン・ミネラルなどの栄養素が不足しがち😓

すると、たんぱく質や糖質の代謝が悪くなるので太りやすくなります😱

 

◆太りにくい食べ方ポイント

・食物繊維の多いものを一緒に食べる🍄

野菜やきのこに豊富に含まれる食物繊維は、血糖値が急激に上がるのを予防してくれます😍


・糖質をエネルギー化してくれるものとの組み合わせ🥩

ビタミンB1不足は、肥満と夏バテの両方の原因になり得ます😵

糖質の代謝を促す働きを持つB1を含む食品と一緒に食べましょう😃
豚肉(ヒレ、モモ等の赤身)、うなぎ、豆腐、納豆、卵料理etc.


・体を温める作用のある食材を使う🔥

冷たい麺は内臓を冷やし、冷えると代謝が下がり太りやすくなってしまいます😭
ネギ、しょうが、ニラ、ニンニク、山芋、根菜、黒ゴマ、黒豆etc.


・よく噛んでゆっくり食べる🍀

麺類はのど越しが良いので、あまり噛まずに早食いになりがちです😅


「満腹になった」という信号が脳に届くのは、食べ始めて15分~20分後と言われています⌛️


エネルギーの摂り過ぎや、ビタミン・ミネラルが不足しがちにもなる麺料理ですが、少し食べ方に気をつけるだけで太りにくくなります😉👍


賢く食べて、暑い夏を元気に乗り越えましょう😃💞

 

heart02今日の想い

「暑くてもしっかり食べて痩せ体質に♪」

 

LINE公式に登録して、お友達になってね(^^♪
《夢見心地ヘッドマッサージ》(5000円相当)プレゼント☆
以下をクリック↓
友達追加

関連記事

最近の記事

  1. 新たなチャレンジに向けて☆

  2. お家で簡単!腰回し運動でお腹をスッキリ!

  3. 自己流ダイエットの成功率はたったの〇%!!

  4. 10月限定☆オプションキャンペーン♪

カテゴリー